車の運転が怖いHSPの人必見!3つの事前準備で不安を和らげよう

HSP
  • 「車の運転が怖い…」
  • 「車必須の土地に引っ越すことになった…」
  • 「怖がらずに運転できる方法はないかな?」

このように悩んでいるHSPの人は多いのではないでしょうか?

ぬま
ぬま

5年前は、HSP気質の私「ぬま」も車の運転が怖くて悩んでいました。

本記事は、車の運転が怖いと思っているHSPの人に向けて作成しました。

最後まで読めば、車の運転に対する恐怖心が少しだけ和らぎます!

ぬまの夫
ぬまの夫

完全に和らぐのはダメ!ある程度の恐怖心は、安全運転に必須です!

「ぬまの夫」は、7年ほど車の運転に関わる仕事をしています。

そんな彼の監修のもと、記事を作成しました。

それではご覧ください!

 

【HSP】なぜ車の運転が怖いのか?

 

車の運転中は処理すべき情報が多いから

HSPの気質をもっている人は、車の運転に慣れていないと特に、常に考えながら運転することになってしまいます。

他人の心情をうかがう能力の高さ、細かい点にもよく気がつく洞察力。ただでさえ過敏な気質なのに、車の運転中は考えなければいけないことが多すぎるのです。

  • 他の運転手と空気の読み合い
  • 煽り運転の対処
  • クラクションの大きな音
  • まぶしい光
  • 飛び出しの安全確認

これらはほんの一部です。

 

参考までに、HSPの私の頭の中は、運転中このようなことを考えています。

  • 今のタイミングで右折して大丈夫だったかな!?
  • ちょっとブレーキ強すぎたよね!?チャイルドシートのベルト外れてないかな!?
  • クラクション!私に鳴らしてるの!?何しちゃったんだろう!?

このように、常に「問題なかったかな…」「通報されてないかな…」と心配しながら運転しています。

事故にあったらパニックになるから

交通事故にあう場面を想像してください。想像しただけで心臓がバクバクするHSPの人、多いのではないでしょうか。

ネガティブな物事に思考の矛先がいくと、もうそのことしか考えられません。

事故にあうことを心配しすぎて、車の運転が怖くなるのです。

ぬまの夫
ぬまの夫

いろいろな危険を考えられるのは、車の運転をする上で素晴らしいことだよ。

ぬま
ぬま

でも怖すぎて手足が震えちゃう人もいるんだよ!(過去の私)

ぬま
ぬま

さて、ここからはHSPの人におすすめしたい3つの事前準備をご紹介します!

【HSP】車の運転をするなら3つの事前準備を!

「事故にあった後の手順」を作成する

事故にあった後の手順を紙に書き、車内に入れておきましょう。

理由は、事故の後にやるべきことをあらかじめ整理しておくことで、あれこれ考えてしまうのを防げるため。

以下の画像はイメージです。私も愛車に紙を忍ばせていますよ。

(クリックで見れます!)

事故にあったら

「事故にあったら…」と考えてしまうのは、もはやHSPの性。

少しでも悪い方に思考が脱線しないよう、やるべきことが書かれた紙をなるべく無心で読みましょう。

ぬま
ぬま

不安な日は「事故にあったら」を読んでから出発します。

Googleストリートビューで下見する

初めて行く場所は、Google マップとストリートビューで徹底的に下見しましょう。

HSPは慣れないことをするとき、不安で仕方がありません。その不安を解消するためには、少しでも慣れている状態に持ち込めばいいのです。

特に以下の3つを、ストリートビューで徹底調査しましょう。

  • 経路の中で、道路の幅が狭そうなところ
  • 初めて行く場所の出入り口や駐車場
  • 休憩で立ち寄れそうなお店

休憩できそうなお店も必ずチェックしましょう。HSPは心身ともに疲れやすい気質です。休憩できる場所があることをわかっているだけでも、心がラクになりますよ。

ぬま
ぬま

目的地の駐車場が狭そうなら、そもそも行くのをやめます。

サングラスを常備する

光に弱いHSP気質の人は、サングラスを用意しておきましょう。

全然まぶしくなかったのに、左折した瞬間するどい光が差し込むことも。

光に過敏だと、満足に目を開けられず、ハンドル操作も鈍って非常に危険です。

サングラスをしていれば多少のまぶしさは残るものの、光によるストレスをかなり軽減できますよ。

ぬま
ぬま

サングラス似合わないけど…、安全にはかえられない!

まとめ:HSPでも運転できる!車の運転の恐怖を和らげよう

  • 車の運転は、処理すべき情報が多い
  • HSPでも事前準備をすれば恐怖心を和らげる

今回ご紹介した方法を取り入れて、車の運転に対する恐怖心を少し和らげましょう。

少しだけ恐怖心を取り除いて、余分な力を手放してください。

無理はせず、車の運転に挑戦してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました